成蹊小学校は東京都武蔵野区にある小学校で、男女共学の私立小学校です。国際学級が設置されていますので、帰国子女の受け入れも行っています。 徹底した少人数教育が行われていますので、しっかりと勉強に集中することが出来ますし、クラスメイトも長い付き合いとなりますので、深い友情に育まれることでしょう。 これからお子様を通わせたいとお考えのご両親様にとっては、学校の特徴や雰囲気が気になるところではないでしょうか。 そこで小学校の校風や学校の特徴、雰囲気などをご紹介します。

成蹊小学校の校風は?学校の特徴や雰囲気

成蹊小学校の校風は?学校の特徴や雰囲気 成蹊小学校は東京都武蔵野市にある小学校で明治末期の私塾成蹊園が母体となっている小学校です。 成蹊小学校の校風は自由で、国際色豊かです。帰国子女の受け入れを行っていますので、国際色豊かな特徴があるでしょう。 各界の著名人の子女が入学をしており、有名人の卒業生も数多くいます。成蹊小学校の卒業生のほとんどが同じ中学校に進学する傾向があり、伝統的な有名校です。中学校になると留学制度なども整っていますので、こうした制度を利用したいという方にはおすすめの学校でしょう。 少人数制の学校ですので、クラスメイトとは長い付き合いになっていきますので、密な関係を保ち続けながらお互いに成長していくことが出来るというメリットもあります。

成蹊小学校の偏差値と教育内容はどうなっているか

成蹊小学校の偏差値と教育内容はどうなっているか 現在東京に住んでいて、子供を将来私立小学校に入れようと考えている人は少なくありません。では吉祥寺にある成蹊小学校はどれ位の偏差値か、そして教育内容はどうなっているかを詳しく見ていきましょう。 まず成蹊小学校は吉祥寺にあり、駅から徒歩15分程度の閑静な住宅街にあります。小学校は中学高校そして大学がそろったキャンパス内にあります。伝統や気品それから学習環境も良い為、毎年人気が高く倍率も行為安定しているのが特徴です。 気になる偏差値ですが、大体56程度です。平均が50とすると若干高く感じますが、それほど高いという事でもなく、それでいて学校環境は良いので倍率もそれなりにあります。 詳しい倍率を見てみると、ここ数年は大体5~6倍程度で推移していますが、毎年少しずつ倍率が上がっている事から人気の高さがうかがえます。 成蹊小学校の教育目標は、ゆとりある学校生活の中で個性的な子供を育てるというものです。具体的には自分の考えをしっかりと持ち表現出来、集団の中でも自分を活かす事が出来て、生活の中で創意工夫が出来る子供を育てるというものが掲げられています。 教育内容を少し見てみると、小学1年生時から英語の授業があり、ネイティブの先生の元で基礎から楽しく学ぶ事が可能です。 そして学校内は緑も多い為、ただ机に座って授業をするだけでなく外に出て自然と触れ合いながら実物から学ぶという事も大切にしています。

成蹊小学校の受験対策で特に大事なのは面接!

私立の小学校に子供を通わせようと考えている方が、多くいるかと思われます。小学生のうちからレベルの高い教育を受けることができるので、他の子に差をつけることができます。日本は学歴社会で良い会社に入るためには良い大学を出ないといけないため、小学生のうちから将来を見据えた選択をすることは高く評価できます。 成蹊小学校は子供の能力を伸ばしてもらえる優れた学校なのでおすすめです。ただ、成蹊小学校の受験は面接対策を十分にして挑まないと良い結果にならない可能性が高いです。特に父親に対しての質問が多いのが特徴です。子育ての考え方の質問ではなく、成蹊小学校のことを理解しているか把握するための質問が多い傾向にあります。行事の中で何に興味を持っているか、成蹊小学校独自で行っている授業の中で何が子供のためになるかなどの質問があります。簡単な対策では答えられない質問がされるので、父親も時間をかけて対策をすることが求められます。

難関校のひとつである成蹊小学校のレベルについて

成蹊小学校に入学することは非常にレベルが高くなり、難しいと言われています。成蹊小学校が人気が高い理由はさまざまありますが、附属校になるので大学までエスカレート式で進学することができる点になります。成蹊大学へ進学する生徒や他の国公立の大学への進学者も多いです。学年内完全教科担任制を導入しているので質の高い授業をうけることができる点も魅力になります。成蹊小学校の受験倍率は男女で異なります。男子の場合は毎年350人から370人ほど受験して受験倍率は5.4倍から5.6倍となっています。女子の場合は男子と同じ受験者数で受験倍率は5.3倍から5.5倍になります。おおよそ5人にひとりが合格する計算になり、レベルが高いです。成蹊小学校で出題される入試問題は、男女で難易度に差があります。女子の方が受験問題の難易度が高い傾向にあるので、お話の記憶や推理思考の問題が出題されるので、このような項目を中心に受験対策をしておく必要があります。

学年ごとに設定されている成蹊小学校のカリキュラム

成蹊小学校といえば成蹊大学につながる附属小学校ということになりますが、そのカリキュラムはとても注目されています。教育方針に合っているからという事で選んでいる家庭も有りますし、心を育てる教育というのがテーマとなっていますので今話題の情操教育にもつながる部分があるでしょう。成蹊小学校では学年によって設定されているため、無理のないようにそして其学年の特性なども生かして教育が進められています。心を育てるというところでは、創業当時から進められているのが日記です。子供たちが毎日生活の中で思ったり感じたことを言葉にして記入するという日記で、それによってお子さんたちも自分の事を振り返ることが出来るというメリットがあります。文字にする事でコミュニケーション能力も高まっていくことが想定されますし、教師とのやり取りでアドバイスを受けることも出来ます。作物を作って食べるというカリキュラムも有りますので、注目されています。

武蔵野市にある成蹊小学校の行事スケジュール

私立の名門、成蹊小学校の年間行事スケジュールを示します。春は入学式と遠足、運動会があります。6月は2年生と4年生が夏の学校に参加します。前者は箱根で後者は南房総白浜です。そして観劇会を兼ねた音楽鑑賞会があります。 他の4学年の夏の学校は7月です。1年生と3年生が箱根で5年生が志賀高原、6年生が南房総岩井です。他には七夕集会があります。8月は夏休みですがオーストラリア体験学習と夏の合宿教室があります。 2学期の始まる9月は全校草抜き精巣と桃リンピック、水泳大会です。体を動かす行事が多いです。 秋の深まる10月に文化祭と秋の遠足があり、11月は焼き芋大会があります。12月は音楽会で、旋律と和音を楽しみ冬休みに入ります。 1月に正月集会があり、福笑いや独楽を楽しみます。さらにマラソン大会で汗を流します。2月はスポーツのイベントがあります。1年生から3年生がドッジボール大会で4年生から6年生がスポーツ大会です。 3月は卒業式や終業式があります。くわえてここでもオーストラリア体験学習に参加可能です。成蹊小学校に入れば子供の頃から国際意識を持てるかもしれません。

成蹊小学校で勉強をする時に必要になる学費

成蹊小学校に子供を通わせる時には、各種の納付金を学費として支払う必要があります。授業料の支払いは1期と2期に分かれていて、それぞれ別々に支払うことができます。1期の支払いは手続きの時にする必要があり、365,000円の費用になります。2期の支払いは9月30日までとなっていて、2期の費用も1期と同様に365,000円です。1年分を合計すると、成蹊小学校で授業を受けるために必要となる金額の合計は、730,000円です。成蹊小学校に入学する新一年生の場合には、入学金の支払いも別になります。2021年度に入学した児童の場合には、入学金は30万円でした。成蹊小学校では上記の各費用のほかに、学校で勉強するための施設費の支払いも必要になります。施設費も1期と2期に分けて払うことが可能です。1期分を手続き時に払うことも授業料と共通していて、120,000円の料金です。2期の施設費も同じ額で合計すると240,000円になります。

中学校と高校、大学とすぐ近くにある成蹊小学校のアクセス

成蹊小学校は、成蹊大学と成蹊中学・高校と併設されています。
場所は東京都武蔵野市の吉祥寺北町で、JR吉祥寺駅から徒歩15分ほどの距離です。
吉祥寺駅から出ている関東バスに乗り、成蹊学園前で下車すればすぐに着きます。
他には西武新宿線の武蔵関駅からも、歩いてアクセスすることが可能です。
南方向に徒歩20分ほどの距離です。
バスを利用するならば同線の西武柳沢駅から利用することができます。
そこから出ている関東バスの吉祥寺駅行きで、15分ほどです。
ここまでに示した徒歩の所要時間は、大人が歩いたときの数字です。
小学校低学年の児童であれば、1.5倍の時間がかかると考えたほうがいいでしょう。
また武蔵関駅からは大人で20分ですから、荷物を背負った児童が30分かけて歩くのは難しいです。
ターミナル駅から成蹊小学校の最寄りである吉祥寺駅までのアクセス時間を示します。
まず新宿から14分と池袋から26分、渋谷から16分です。
くわえて品川から35分と東京から35分、八王子から27分です。
最後に大宮から52分と横浜から51分、川越から65分です。

成蹊小学校の制服はどういうデザイン?

成蹊小学校は1906年に青年教育家である中村春二がつくった学習塾が母体とした総合学園です。
「不言実行・実践力を重視する人物教育」を理念として、個性を重視した教育を行っています。
成蹊小学校の制服はとてもかわいらしいので評判です。
女性はセーラー服を基調にした黒の制服に専用のリュックをからって登校します。
男性は学生服の短パンタイプの服を着て、学生帽をかぶったスタイルです。
短パンの長さも選べるようで、背丈に合わせたコーディネートが可能です。
女性のセーラー服は襟にマークが入っていて、ポイント的なアクセントがついています。
夏服は白が基調となるので涼しげであり、汗をかいても清潔感があって子供らしさもあり好評です。
遊び場でも汚れを気にせずに校内着に着替えるために、登下校の時の着用になります。
男子のピケ帽は爽やかで、特に好評であるようです。
女性もスカーフを付けた正装か、つけないものと選ぶことが夏は可能です。

全国に点在している成蹊小学校の姉妹校の概要

1940年に埼玉県川越市で誕生した成蹊小学校は、いまでは全国的な知名度を有する私学小学校となりました。
高い進学率、そして経済界・政界に進出をなさる方々の母校にもなっているため、いまでは我が子を入学させたいという方も少なくありません。
幼い小学生が毎日通学をしていることから、近くにお住まいの方しか入学を希望できないと思われがちでしょう。
しかし、成蹊小学校では全国エリアで姉妹校を有されているため、その学校に入学をすれば成蹊大学に進むことも可能です。
簡単に全国に点在をしている成蹊小学校の姉妹校をピックアップしましょう。
まず名古屋であれば愛知女子大学付属小学校がそれであり、兵庫県なら開明小学校となります。
どちらも学校法人が同じで、実質的にいえば成蹊大学グループの一員です。
成蹊小学校との交流会も盛んで、2つの学校では毎年合宿で埼玉県川越市にレクリエーション施設を利用した課外活動教育もなされているところです。

成蹊小学校の人気が高い理由をチェックしよう

現在学校選びをしている親御さんの中でも、重要視されているのが付属校に入学しそのままエスカレーター式に中学校と高等学校、大学へ進学するという方法です。
国内には付属校が複数ありますが、その中でも特に人気が高いのが成蹊小学校であり支持されている理由の一つとして英語教育が充実していることにあります。
成蹊小学校で行われている英語教育は、ネイティブスピーカーの講師と成蹊大学の学生が協力したカリキュラムが組まれており、帰国子女用の学級ではないと難しかった高い英語教育が受けられる環境が整っていることが魅力だと考えられています。
このカリキュラムでは英語の4技法とされる話す・聞く・書く・読むといった技能をしっかり子供に身につけることが可能であり、勉強をしている子供が主体的に英語で発表活動を行う体制が整っていることも強みの一つとなります。
また小学校5~6年のクラスになると学年内完全教科担当制を導入しているため、専門分野を深く研究する教員による質の高い授業を受けることができます。

成蹊小学校ではスクールカウンセラーも在籍して対応している

国内有数の進学校として高い知名度を有しているのが、成蹊小学校です。
以前はおもに幼稚園からそのままエスカレーター式で内部進学をすることに重きをおいていましたが、2000年頃から外部の方の入学も許可されるようになりました。
中学・高校、そして大学という12年教育を実現している数少ない学校でもあり、関東近郊から大勢の入学志願者が毎年訪れています。
この成蹊小学校では手厚いフォローアップを実施しているのも特徴となっており、小学校では珍しいスクールカウンセラーが常駐しているのがポイントです。
簡単にスクールカウンセラーの役割を述べると、多感な年ごろのお子さんの心理面のケアです。
成蹊小学校では毎月1回、全生徒にヒアリングを実施しており、今現在悩んでいることの聞き取り調査をしています。
学校内だけでなく家庭の問題にも視線を移しており、健全な育成教育に力を入れている学校です。
この点も人気の理由でしょう。

迷わないで行くことができる成蹊小学校への行き方

受験などのために成蹊小学校に行く予定がある人は、この小学校への行き方をあらかじめ確認しておいた方が最適です。
この学校は駅からも歩いて行ける場所にあるので、電車を利用して行くこともできます。成蹊小学校から一番近い場所にある駅は吉祥寺駅です。
吉祥寺駅へは新宿駅から中央線に乗れば行くことができます。新宿駅から吉祥駅まで行くためにかかる時間は14分程度です。
井の頭線を利用して吉祥寺駅へ行くこともでき、渋谷駅からは16分程度の時間で行けます。吉祥寺駅についたら、駅から小学校まで行くためにバスを利用することができます。バスを利用すれば、駅から5分程度の時間で小学校まで行くことができます。
成蹊小学校行きのバスが停車しているのは、吉祥寺駅の北口のバス停です。1番と2番のバス乗り場からバスに乗れます。
成蹊小学校に行く場合に下りなければいけないのは、成蹊学園のバス停です。このバス停は小学校に行く人だけでなく、大学に行く人も利用しています。大学の隣りに小学校があります。

話題となっている成蹊小学校が人気の理由があります

今現在で学校教育に目が向いているのは、実は小学校から狙ったところに入ることが目的になっていることがあげられます。
特に成蹊小学校の人気の理由として、英語教育に力を入れているので帰国子女に近い語学力を覚えます。なぜ英語に特化しているのかというと、これからの社会ではインターナショナルな感覚が必要となり、日本語だけのコミュニケーションでは文化の違いに後れを取ってしまうからです。
また子供たちの個性を最大限に引き出す教育にも、最先端の考えから目を向けていることもあります。成蹊小学校ではネイティブの先生を常備させているので、頭の柔らかい小学生のうちに自然と言語が刷り込まれていく傾向です。
そういった重要な時間を過ごすことで、より感性を磨いて志も高くもつことができるために、将来は日本を背負う人材へと成長を促します。日本の子供たちの成長は限りなく無限ですから、専門的な教育はとても真摯に向き合わなくてはいけません。

歴史のある成蹊小学校の制服とはどんなものか

成蹊小学校は東京都武蔵野市吉祥寺にある、私立の小学校です。設立が1915年と歴史のある小学校で、都内にある有数の名門小学校として知られていて各界に著名人を多く輩出していることでも有名です。
教育理念が自立と仲間との連帯や個性的な子どもの創造となっていて、我が子に質の高い教育受けさせて子どもが伸び伸びと学べる学習環境を望む人達から高く評価されています。
成蹊小学校の長い歴史の中で伝統を象徴するものが、制服や学校内で着用する校内着です。登下校や式典などでは制服を着用して、校内では多少の汚れも気にならない校内着と使い分ける点も保護者から支持されています。
成蹊小学校の制服とは夏の場合には、白いシャツと白い帽子で女子の制服はスカーフがある正装とスカーフなしの略装から選ぶことが出来て一際爽やかなのが特徴で暑い夏も風通しが良く授業に集中出来ます。冬の制服は男子は詰襟に半ズボンで、女子はセーラー服となっていて伝統と格式を感じるスタイルです。

都内有数の私立小学校である成蹊小学校出身の有名人

東京都武蔵野市吉祥寺にあるのが成蹊小学校で、都内でも有数の私立小学校として有名で毎年入学希望者がとても多いことでも知られています。
成蹊小学校は個性の尊重や品性の陶冶や勤労の実践や、師弟の心の共鳴や自奮自発の精神の涵養などの教育理念を持っています。
ゆとりがある学校生活を送りながらも、その中で個性的な子どもを育てることに教育目標を掲げています。成蹊小学校出身の有名人としては、安倍晋三元内閣総理大臣が有名です。
他にもフリーアナウンサーの高島彩さんや、テレビ朝日アナウンサーの安藤萌々さんなどもいます。女優の長山藍子さんや俳優の中井貴一さんや、俳優であり演出家の串田和美さんも卒業生です。
法曹界では日本弁護士連合会元会長である本林徹さんや、実業家では大正製薬社長の上原明さんや小学館元社長相賀徹夫さんなどがいます。
スポーツ界では元女性フィギュアスケート選手の庄司理紗さんや、元ラグビー選手の中田英里さんなどが卒業生です。

成蹊小学校が設置している国際学級の特色とは

成蹊小学校は東京都武蔵野市吉祥寺にある私立の小学校で、ゆとりある学校生活の中で個性的な子どもを育てることを教育目標に掲げています。
質の高い教育や独自の教育カリキュラムを数多く取り入れていることでも有名で、毎年入学を希望する人が殺到する小学校です。
中でも多くの人達の熱い注目を集めているのが、成蹊小学校が設置している国際学級です。国際学級は国際化社会に対応出来る、グローバルな思考を持つ子どもたちの育成を目指して設置された学級です。
海外勤務者の子弟を戦前より受け入れてきた歴史を持ち、全国的にも珍しい取り組みは高く評価されています。 子ども1人1人の個性に合わせた教育とフォロー体制が特徴的で、学力適応面だけではなく学校内での集団生活や慣れない日本での生活適応面も重視しています。
保護者との連携を蜜にすることで効果的な指導を行っていて、海外での生活体験を活かしながら取り出し授業やアドバンス英語コースなどの学習面などにも力を入れています。

成蹊小学校の給食に関するあらゆる疑問に応える情報満載のガイド

成蹊小学校での給食について、親御さんや未来の生徒さんたちが心配することは多いでしょう。
子どもたちの健康と成長を最優先に考えた給食は、成蹊小学校の教育方針の一環です。
栄養バランスが整ったメニューが組まれ、また食教育の場としても役立つことは親御さんにとって心強い情報であるはずです。
成蹊小学校では、季節に合わせた食材を取り入れ、地域の食文化や食の安全性についても子どもたちに教えています。
このように、給食を通して豊かな食生活と正しい食習慣を育む取り組みが行われています。
子どもたちには毎日の給食が楽しみであり、同時に学びの機会となるよう心がけられているのです。
アレルギー対策や宗教的理由に配慮したメニューの相談にも乗っており、すべての生徒が安心して食事をすることができるよう細やかな配慮がなされています。
また、料理のプロが監修するメニューにより、家庭ではなかなか経験できない多種多様な味覚も提供されることが特徴です。
食に関する教育は、子どもたちの人格形成に大きく寄与すると考えられ、そのために成蹊小学校は高い水準を保持し続けています。
この記事では、そんな成蹊小学校の給食に対するこだわりや、子どもたちの健康づくりへの取り組みを具体的に解説していきます。

成蹊小学校の有名さに迫る:学校選びに役立つ情報の総合案内

成蹊小学校は単に有名な学校として知られていますが、その理由や特色はどのようなものでしょうか。
多くの保護者が子どもの教育に何を求めるかは様々ですが、成蹊小学校は教育方針や環境面で高い評価を受けており、検討すべき選択肢の一つとして挙げられます。
まずは総合的な学力を育むカリキュラムが特徴で、単に知識を詰め込むのではなく、思考力や表現力、社会生活で必要なスキルを身につけることを重視しています。
また、小学生時代から英語教育に力を入れており、グローバルな視点を培う教育も行っている点は注目すべき点です。
さらに、成蹊小学校は、緑豊かなキャンパスでのびのびとした学校生活を送ることができることも魅力の一つです。
自然に囲まれた環境は学びに対する意欲を高め、子どもたちの心身の成長に良い影響を与えると言われています。
教育施設としての設備も充実しており、最新の学習ツールを活用した授業が行われることも特筆すべき点です。
学校選びは子どもの将来を大きく左右するものですから、多くの情報を集め、綿密に検討することが重要です。
そのためには、成蹊小学校の詳細な情報を集めることはもちろんのこと、実際にキャンパスを訪れ、雰囲気を感じ取ることも欠かせません。
オープンスクールや学校見学会を通じて、成蹊小学校の教育理念や校風を直に確かめ、良い学校選びの第一歩を踏み出しましょう。

成蹊小学校へのアクセス方法と周辺駐車場の利用案内

都心からのアクセスも良好な立地にある成蹊小学校を訪れる際、最寄り駅からの経路や周辺の駐車場情報は事前に知っておくことが重要です。
成蹊小学校には専用の駐車場が設けられていないため、周辺の公共交通機関を活用するか、近隣の駐車場を利用する選択肢があります。
最寄り駅から学校までは徒歩でもアクセスしやすく、晴れた日には散歩がてらに歩いて行くのも良いでしょう。
車で訪れる場合には、事前に周辺の駐車場情報を確認し、空き状況や営業時間をチェックすることが大切です。
多くの駐車場では事前予約システムも導入されており、スムーズな駐車が可能です。
また、駐車場の料金体系も場所によって異なるため、料金や時間で最適な場所を選ぶことが節約にも繋がります。
訪問予定が複数回にわたる場合は、定期利用ができる駐車場も検討する価値があります。
アクセス方法や駐車場情報をあらかじめ把握しておくことで、成蹊小学校への訪問がより快適になります。
計画的な外出が大切です。

成蹊小学校に通う生徒の人数とその教育環境に関する解説

成蹊小学校は優れた教育を提供することで知られる学校で、子どもたちの才能を伸ばすための環境が整っています。
ここでは、成蹊小学校における生徒の人数と教育環境の詳細についてお伝えします。
学校の特徴として、一人ひとりの生徒に対し、十分な教育の機会を確保するために、適切なクラス分けがされています。
確立された学習プログラムにより、生徒それぞれのペースで学ぶことが可能です。
さらに、親しみやすい校風や広大な緑に囲まれた学校施設は、学びへの興味とやる気を引き出します。
充実した体験学習や国際的な視野を培う教養教育も、成蹊小学校の教育環境の魅力の一つです。
そして、学校行事や部活動を通して、生徒は自己表現力や協調性を養うことができます。
他にも、専門的な指導を受けられる環境が整っており、子どもたちの多様な才能が育まれる場となっています。
成蹊小学校での学びは、生徒の未来を大きく広げる礎となります。

成蹊小学校におけるカウンセラー室の活用法とメリット

成蹊小学校では、子どもたちの心の成長を支えるために設けられたカウンセラー室があります。
この室は、児童一人ひとりの心のケアを行い、学校生活が快適で豊かになるようサポートしています。
カウンセラーが常駐しており、児童が学校生活で抱える様々な悩みや不安に対して適切なアドバイスやケアを提供しています。
学校生活は時としてストレスを感じる場になりがちですが、カウンセラー室があることで子どもたちは心のトラベルシューティングをする場所を持つことができます。
友達関係や家庭内の問題、学習に関する悩みなど、さまざまな相談が可能です。
プライバシーも守られるため、安心して心の内を話せる環境が整っています。
また、カウンセラーは子どもたちの話をじっくり聴くことにより、個々の問題を深く理解し、適切なアドバイスを行います。
カウンセラー室のもう一つの大きなメリットは、学校全体のメンタルヘルスを高めることにあります。
教育現場での心理的サポートが充実することで、児童たちは精神的な安定を得るため、学習効率や集中力の向上にもつながります。
教師とカウンセラーが連携することで、学校としての包括的なサポート体制を築くことができるでしょう。
さらに、成蹊小学校では定期的に保護者向けの講演会や相談会を開催しており、子どもの心理的成長を家庭でも支えるための情報提供も行っています。
このような取り組みは、家庭と学校の連携を密にし、子どもたちの心の健康を総合的に守ることに寄与します。
子どもたちの学校生活をトータルでサポートする成蹊小学校のカウンセラー室の役割は計り知れません。
心のトラブルが早期に解決されることで子どもたちは自信を持って毎日を過ごすことができ、その結果として学業成績の向上にも繋がることでしょう。

おすすめの成蹊小学校情報サイト

成蹊小学校

-->